白髪染め

白髪染め

毛染め方法や毛染め商品を紹介します。

白髪染め 頻度

髪や地肌のことを考えると3週間から1ヶ月間隔を空けたほうが良いと思います。

ですが、早い人では2週間ぐらいで髪の根元の白髪が気になる人もいると思います。

頻繁に染めるとなると美容室の費用や、髪・頭皮もその都度ダメージを受けてしまいますので、3週間から1ヶ月間隔を空けたほうが良いでしょう。

髪色をキープしつつ、美容室での費用を節約しようと思ったら自分で伸びてきた生え際を染めると、美容室に行く回数が減らせるので節約になります。

白髪染め ランキング

トリートメントタイプの白髪染めのランキングをまとめました。

1位 マリアンナプラス 煌髪(キラリ

 

詳しくはこちらをクリック

「キラリ」は聖マリアンナの皮膚科学研究チームが開発した独自の毛髪浸透成分「ヘアキューブ」でより効果的な成分浸透が期待でき、髪本来の美しさを高めます。
染料は天然のウコンとシコンを配合し、少ない染料でもしっかり浸透するので地肌への負担も少なく白髪染めができます。

詳しくはこちらをクリック

2位 レフィーネ ヘッドスパ

 

詳しくはこちらをクリック

植物由来の天然染料を配合し、生え際から毛先までムラなく白髪染めができます。
さらに、10種の毛髪補修成分と植物エキス、7種類のヘッドスパ成分が配合され、染めるだけでなく地肌ケアも同時に行えます。

詳しくはこちらをクリック

3位 利尻ヘアカラートリートメント

 

詳しくはこちらをクリック

天然利尻昆布エキスと、28種類の天然由来のうるおい成分配合で、白髪染めだけでなくツヤのある髪になります。
防腐剤や香料といった髪や頭皮に負担のかかる成分を使用していない無添加商品です。
累計600万本以上売れている白髪染めの昆布ブーム火付け役です。

詳しくはこちらをクリック

白髪染め 染まらない

上手く染めるには4つのポイントがあります。

①自分の髪質を把握する。

  細い・やわらかい・パーマがかかりやすい・色が明るい髪質は染めやすいです。

②頭部を温める。

  室温が20から30度が良いと言われています。

  専用のヘアキャップを被ると頭部が温まるので色が入りやすくなります。

③放置時間を調節する。

  説明書通りの放置時間を守ってください。

  染まりにくい人の場合、5分プラスする位ならダメージも少ないでしょう。

④白髪の多い部分にたくさん塗布する。

  染まりにくい部分は一番最初にたくさん塗布すると良いです。

白髪染め トップへ戻る

Copyright 2016 © 見つかる通販検索サイト1号 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ